{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年10月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年10月
文献
J-GLOBAL ID:201602002779981134   整理番号:58A0059674

簡単な広帯域短波空中線の効率を高める方法

Пути повышения эффективности простых диапазонных коротковолновых антенн.
著者 (1件):
資料名:
巻: 13  号: 11  ページ: 5-10  発行年: 1958年
JST資料番号: R0089A  ISSN: 0033-8486  CODEN: RATEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
大地面と一定の傾度をもつ導線網をコーナレフレクタとし。水平ダブレットを配置した広帯域短波空中線の詳しい計算を行なった.コーナの角度:30°,ダブレットの長さ:1.3λ0.レフレクタの網の幅:1.6λ0,長さ:3.4λ0とした場合の計算例を図示.等辺ロンビック・アンテナРГ65/4Iに比較して,敷地面積で1/7~1/8,利得で0.5<λ0/λ<0.9の範囲で大きく,波長の長い場合は特に経済的である
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る