{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002982922917   整理番号:59A0068129

標準論理要素で組立てられた最適制御装置〔解説〕

An Optimizing Control System Built from Standard Logic Elements.
資料名:
巻:号:ページ: 268-270  発行年: 1959年
JST資料番号: A0504A  CODEN: AUPRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来の制御装置(系の出力が或る説定値を外れないように働く)とは異なり,系の出力が常に最高値を示すように,設定値を調整する制御装置OpconをWestinghouse社で製作した.これは常に過去のデータから次の動作方向を決定する論理装置を内蔵している.Dow化学会社ではスチレン製造の際のエチルベンゼンの接触脱水素工程にこれを応用し,スチレンの生産速度を常に最高値に保ったが,その実際と装置の構成要素を簡単に述べた
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る