{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602002986814205   整理番号:58A0050445

綿リンターがらの上質紙の性質 I 繊維の組成と紙質との関係

The Fine Paper Properties of Cotton Linters I. The Relationship of Fiber Composition to Fine Paper Properties.
著者 (2件):
資料名:
巻: 41  号: 11  ページ: 625-629  発行年: 1958年
JST資料番号: E0201A  ISSN: 0039-8241  CODEN: TAPPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
第1,第2カットおよびミルランから作られる紙の強度が異なることを説明するためにその組成を調べた。すべてのカットがステープル,ファズおよび末熟部分を含み,ステープルの量に差が認められたが,含量の高いほど手抄紙の強度は高い。強度の差は平均繊維長の差のほかにその形態も考慮する必要がある

前のページに戻る