{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002992561785   整理番号:60A0016251

研摩後の45焼入鋼の表面層のX-線による研究

Рентгеновское исследование поверхностного слоя зэкаленной стали 45 после шлифования.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1959  号:ページ: 158-161  発行年: 1959年
JST資料番号: R0148A  ISSN: 0536-1044  CODEN: IVUSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
45焼入鋼の研摩の際に現われる表面層の薄い結晶構造の研究で,研摩工程において若干の硬化層が試料の表面からいろいろの距離に生じる。硬化層の深さ,ブロックの大きさ,微小応力と結晶格子の穴陥の密度は根本的に研摩の際の送りの大きさに関係する;図6表1参7
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る