{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003008589832   整理番号:60A0103848

パルス電圧測定用オシロゲラフの時間軸掃引と輝度調整回路

Zeitablenk- und Hellsteuerschaltung fur Stossspannunge-Oszillografen.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 21-24  発行年: 1960年
JST資料番号: C0404A  ISSN: 0013-5658  CODEN: EKRKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来,高速現象の観察は陰極線オシロゲラフを用いたが,最近では封じ切り形のブラウン管でも掃引速度は5000~10,000km/sに達した.高速度の掃引には高い掃引電圧が必要になる.またコンデンサ放電による掃引波形の直線性を改善する方法,プッシュプル掃引を説明.10μsの掃引電圧発生回路を例示した.マルチバィブレータを用いた輝度制御回路にもふれた

前のページに戻る