{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003053443865   整理番号:66A0070054

フェロシアン化浴からの金めっき

Gold plating from ferrocyanide baths.
著者 (3件):
資料名:
巻: 64  号:ページ: 54-5560  発行年: 1966年
JST資料番号: D0049A  ISSN: 0026-0576  CODEN: MEFIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
装飾および防食用に最近各種の金めっきが検討されているが,フェロシアン化浴に変調電流を用いて良好なめっきができる。リップルやバルスその他の極性が変らない変調でなく,PR法や極性が変る交流重畳法による変調が,光沢のよい,ち密な,孔のない,かたい,耐摩耗性のすぐれた良好な皮膜を与える。交流重畳法では11.5A/ft2で良好なめっきが得られたがPR法の時は14.5A/ft2である。交流重畳法の際の交直流比は1:4が適当であるのがわかった。また陰柩分極曲線を描き起っている反応の機構を推定した。水素発生は-0.95~1.25Vで起っている。反応の推定から当浴が有毒でないとはいえない;写2図3参33
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る