{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602003077877211   整理番号:58A0053237

汚損がいし連の常規運転電圧での絶縁耐力の実洵

Etude experimentale in situ de la tenue dielectrique superficialle sous la tension de service normal, de chaines d’isolateurs soumises a la pollution atmos-pherique.
著者 (1件):
資料名:
巻:号: 93  ページ: 574-586  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0152A  CODEN: BUFCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
いろいろの自然汚損がいしについて,90/√3kVを6個の懸垂がいし連に常時印加し,漏れ電流を測定する。また試験用変圧器によってフラッシォーバ試験を行う。がいしは水平配置の方が漏れが1/5で,かつ耐電圧が大きく,ガラスと陶器との差は認められない。半導体うわぐすりを施し允ものは耐力が大きい
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る