{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003095290112   整理番号:62A0101492

新鮮なアルハルハの繊維から窒素と固形物を分離する実験的処理について各種方法の効果

Effects of various procedures in laboratory processing of fresh alfalfa on separation of nitrogen and solids from fiber.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 419-422  発行年: 1962年
JST資料番号: C0251A  ISSN: 0021-8561  CODEN: JAFCAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
良好な単一抽出法では窒素の66%,固形物の45%が分離し第2回目の水抽出による分離度は前回の残留水分量に関連。大規模での抽出度はいらじるしく低く,粉砕度,温度,水分量などの影響を論議;表4参9
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る