{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003130883610   整理番号:60A0104936

電子回路への回路合成論の応用

Application of synthesis techniques to electronic circuit design.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 210-222  発行年: 1960年
JST資料番号: C0216A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
RC能動回路の合成法4種,(1)NICを用いる方法,(2)qyratorを用いる方法,(3)電流反転型N工Cを用いる方法,(4)駆動点インビーダンス合成法について,その適用範囲,能動素子のパラメータに対しての安定度を比較している。具体例として18RCに中心がある12次のチェビシェ帯域フィルタを設計し,30RC以下の周波数では,RC回路が,他のLCまたは機械的フィルタに比しそん色がないことを主張している
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る