{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003144635678   整理番号:66A0149248

実験的心筋こうそくにおける心筋興奮性の変化に対するストロファンチンの作用

Влияние строфантина на изменение возбудимости сердечной мышцы при экспериментальном инфаркте миокарда.
著者 (4件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 433-438  発行年: 1966年
JST資料番号: R0167A  ISSN: 0014-8318  CODEN: FATOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ストロファンチンは正常動物に対しては著明な影響を与えないが,実験的心筋こうそくをおこした動物の異常な拡張期興奮性を正常化するが更に大量では逆に興奮性を上昇させる。このような心筋興奮性の変化は心電図のT波の所で生じている。ストロファンチンは心筋こうそく時の短くなった休止時間を正常化することはできない;図3参26
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る