{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003247687129   整理番号:60A0024986

椅子部脚

КЛЕЕНЫЕ ЗАГОТОВКИ ДЛЯ ЗАДНИХ НОЖЕК СТОЛЯРНОГО СТУЛА
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 5-6  発行年: 1960年
JST資料番号: R0024A  ISSN: 0011-9008  CODEN: DVPYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
現在椅子の後部脚は主としてブナ,カシの継ぎ目無しの材料で作られているが,製品歩留が小さい.これら木材をより経済的に利用するため匠:,2本の角材を歯状ほぞで接合する方法が考案された.これによって歩留が大幅に高まっている.本文にはその製造工程がのべられている.その強度は,継ぎ目無しのものに比較して20~26悌程度低いが,より経済的であり,原価も1/1.5~1/2 K低下する;図3表1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る