{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003302163185   整理番号:58A0018965

固定相を用いる抽出法 I 再生セルロースによる氷相の固定

Extraction methods using an immobilized phase, Part I. Immobilization of the aqueous phase with regenerated cellulose.
著者 (2件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 379-388  発行年: 1958年
JST資料番号: A0313A  CODEN: ACASA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ハンガリー (HUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
再生セルロースで作ったスポンジを用いて水相を固定すると通常は乳濁するために抽出困難なものでも容易に抽出される。その際のいろいろの問題
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る