{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003315349385   整理番号:66A0327674

コールタール留分中のバナジウム定量

著者 (3件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 349-352  発行年: 1966年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コールタール留分から各種タール製品類を分離した残油は燃料あるいは溶媒として用いられる.燃料として用いられる場合,燃焼装置腐蝕の一要因となるバナジウムの含有量を知ることは必要と考えられる.そこで硫黄を加える乾式法による灰化,ジフェニルベンチジンによる発色法を用いるバナジウム定量法の検討を試みた.この分析法の感度は0.2rで分析所要時間は140分であり,分析法に及ぼす種々要因,たとえは発色影響成分(酸化剤,還元剤),発色液の安定性,および再現性などについて検討している.コールタール留分のバナジウム含有量はC重油に比較して微量であることが確認されている.
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る