{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003432268256   整理番号:58A0066733

規定成分範囲内の合金成分含有量の変動が鋼1×18H9Tおよび4×14H14B2Mの性質におよぼす影響

Влияние легирующих примесей в пределах марочного состава на механические свойства сталей 1Х18Н9Т и 4Х14Н14В2М.
著者 (1件):
資料名:
巻: 18  号: 10  ページ: 938-942  発行年: 1958年
JST資料番号: R0097A  ISSN: 0038-920X  CODEN: STALA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
20°および700°Cで行われた試験結果の統計学的研究により,C,Mn,Ti,W,Mo含有量の増加により強さが著しく増すこと.Ni,Mn,Crは1×18H9T鋼の延性を増し,Cは延性を減ずること,上述のすべての元素は鋼の衝撃値を下げるか,NiとMoはその作用が少いことを確認
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る