{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003558225773   整理番号:60A0056075

結合および遊離炭酸の定量法 I 共有する炭酸アルカリと水酸 化アルカリの微量定量

Beltraege zur Beatimmung der gebundenen und freien Kohlensaeure.I.UEber die mikroanalytische Beatimmung von Alkalioarbonat und Alkalinydroxyd nebeneinander.
著者 (2件):
資料名:
巻: 175  号:ページ: 241-244  発行年: 1960年
JST資料番号: E0425A  ISSN: 0016-1152  CODEN: ZACFAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
滴定される液の表面をペンタン層でかおうと,フェノールフタレイン指示薬と0.0INの酸またはアルカリでの中和滴定が空気中の炭酸ガスの影響なしに可能である.フェノールフタレインはアルカリ性溶液中でラクトン結合の切断による退色を見せることがあるので終点付近できらに加えた方が良い。水酸化バリウムによって微量炭酸根の滴定ができる

前のページに戻る