{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602003614839933   整理番号:58A0080885

ブリュッセル万国博覧会のフランス館の施工〔金属構造シリーズNo.28〕

La construction du Pavillon de la France a l’Exposi-tion Internationale de Bruxelles. La realisation.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号: 130  ページ: 1144-1154  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0406A  ISSN: 0020-2568  CODEN: AITBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
エッフェル塔の半分に当る3,443tの部材は工場で溶接されてから20トン貨車230台で輸送された.地盤が軟弱だったので70,000m3の土工事と20mのくい700本,基礎コンクリート7,260m3を必要とした.完成までに57,000時間の研究と100万時間の労働と10億フラン以上の工費がかかった建設工事の解説
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る