{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602003737952629   整理番号:58A0061024

酸化物陰極の導電性

The Conductivity of Oxide Cathodes. Part 5. - Func-tional Structure of the Cathode.
著者 (1件):
資料名:
巻: 105  号:ページ: 374-380  発行年: 1958年
JST資料番号: D0382A  CODEN: PEECA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
薄膜陰極しんの熱電子エミッタを比較的分厚な多孔質酸化物のマトリックスで覆った酸化物陰極において,薄膜エミッタは陰極からの可能総放出量を決定し,多孔質マトリックスは電子が外部真空中に脱出する前に電子流により生ずる自己電位を抑えることを解説した。この電位上昇はマトリックスの細孔中で自ら発生する電子密度に関係するが,エミッタのしんからの放出密度には無関係である
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る