{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602003761345970   整理番号:58A0060803

古典および量子電子力学における Lagrange関数の役割

Le role du Lagrangien en dynamique classique ou quantique de l’electron.
著者 (1件):
資料名:
巻: 13  号: 53  ページ: 200-205  発行年: 1958年
JST資料番号: A0413A  CODEN: ANRDA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
古典力学あるいは量子力学において,電磁界内での粒子の運動を調べる有力な手だてである Lagrange 関数の役割を論じた。まず電磁界内の運動粒子に対する Lagrange 関数の表式を与え,これからLorentzの力およびSchroedingerの方程式を導いた。ついで通常の電磁場から中間子場へ移るときLagrange関数に含まれるポテンシャルがどのように変るかを論じた
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る