{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602003792086329   整理番号:58A0062135

シンチレーション法による素粒子検出の諸問題

Quelques aspects de la detection des particules nucle-aires par scintillation.
著者 (1件):
資料名:
巻: 38  号: 377/378  ページ: 600-605  発行年: 1958年
JST資料番号: D0247A  ISSN: 0030-2430  CODEN: ONELA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
素粒子の媒質への吸収とこの吸収から電気的パルスへの変換に至る,シンチレータと光電子増倍管との動作原理を先ず概説.次いで,いろいろの放射線個個について,発光エネルギーへの変換と発光ハルスの電気的パルスへの変換とに関係する基本的要因を述べ諏後に所要目的へのシンチレータ選択の手引きを各種シンチレー性能表とともに示した
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る