{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602003813436384   整理番号:58A0036479

化学工学におけるデジタル計算機の使用

Use of Digital Computers in Chemical Engineering.
著者 (1件):
資料名:
巻:号: 11  ページ: 466 - 471  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0398A  CODEN: PCAUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
プログラムが変るから自動符号化を使うべきである。原理的にはあらゆるプラントの設計が計算機でできるはずだが,経験による判断のいるところには使えない。熱交換器は全設計ができる一例。この種のプログラムには1年以上かかることがあるがそれでも割が合う。プラント設計の実例を示した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る