{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004062667039   整理番号:60A0114432

3.25%Si-Fe薄板の破損とそれに関連するクリープ現象

Rupture of silicon-iron sheets and related creep phenomena.
著者 (1件):
資料名:
巻: 196  号:ページ: 385-389  発行年: 1960年
JST資料番号: C0314A  CODEN: JISIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
550~875°Cの範囲ではNecking,粒界における空げき発生および両側面における割れの発生が起こる.粒間割れは650°C以下で著しいがNeckingは高温で発生しやすい.クリープ中,各温度で,粒界の移動とSerration,ポリゴン化,再結晶,粗粒化が起こるが,これら現象を解明した.MgOで表面被覆すれば,クリープ抵抗が大となり,空げき形成率を減少させる.これは,亜粒界の発展と関係あることを示唆する;写5図4表1参15
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る