{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004189871026   整理番号:60A0122822

とくに凍結法を適用する場合の立坑掘下げ時における地山状態に関する新しい地質学的研究

Neuere geologische Untersuchungen ueber das Gebirgsverhalten beim Schachtabteufen,besonders bei Anwendung des Gefrierverfahrens.
著者 (1件):
資料名:
巻: 95  号: 22  ページ: 1388-1391  発行年: 1959年
JST資料番号: C0084A  ISSN: 0340-7896  CODEN: GLUEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
立坑掘下げ,またはボーリングを行なうときの地山状態について注意すべき点を,ルールの雑色砂岩,下部ゼノン層,第三紀層について述べている;図5参5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る