{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004354978710   整理番号:62A0020755

Spinodal(変曲点)分解について

On spinodal decomposition.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 795-801  発行年: 1961年
JST資料番号: A0316A  ISSN: 0001-6160  CODEN: AMETA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
表面張力と弾性エネルギーとを考慮に入れて,すべての無限小の組成のゆらぎに対する固溶体の安定性を考察した.欠陥のない無限等方性固体に対しては,組成による分子容の変化がない場合にのみSpinodalはそのようなゆらぎに対する準安定性の限界を表わす.そうでない場合には,ゆらぎによる弾性エネルギーは固溶体を安定化し準安定性の限界条件を変える.不安定な固溶体に対して分解の動力学を論じ.期待される平均粒度と最も急速に増大するゆらぎの波長とを導いた;表1参11
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る