{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602004378862461   整理番号:58A0029225

トリーn-オクチルホスフィンオキシドを用いた溶媒抽出によるウランの分離。ジベンゾイルメタンを用いた直接比色定量

Separation of Uranium by Solvent Extraction with Trin-octylphosphine Oxide. Direct Colorimetric Determination with Dibensoylmethane.
著者 (2件):
資料名:
巻: 30  号: 11  ページ: 1779-1784  発行年: 1958年
JST資料番号: A0395A  ISSN: 0003-2700  CODEN: ANCHAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
U(VI)を硝酸溶液からトリーn-オクチルホスフィンオキシドでシクロヘキサン中に抽出,この抽出物に直接ピリジンおよびジベンゾイルメタンのエタノール溶液を加えて416mμで比色定量。温度,試薬の濃度,妨害などの検討
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る