{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004420909384   整理番号:58A0072870

収縮が拘束されるモルタルにおける,水セメント比の影響

Influence of Water-Cement Ratio on Mortar in Which Shrinkage Is Restrained.
著者 (1件):
資料名:
巻: 30  号:ページ: 591-604  発行年: 1958年
JST資料番号: C0255A  ISSN: 0002-8061  CODEN: JACIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
材令の初期より中央に鉄筋を埋込んで収稲を拘束したセメントモルタルが,き裂を発生するときの応力度およびひずみ度についての研究,き裂はモルタル中のペースト部分の弾性変形によって発生することが記されている。この他,クリープおよび収縮についての報告が併記
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る