{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004425612517   整理番号:60A0139402

マルパッセ・ダム欠壊原因調査委員会報告書

Le rapport de la commission d’enquete sur la rupture du barrage de malpasset, pres de frejus.
資料名:
巻: 137  号: 11  ページ: 255-257  発行年: 1960年
JST資料番号: C0061A  ISSN: 0016-6812  CODEN: GECIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1959年12月2日の夜半,突然に欠壊して下流のフレジュの町に大きな被害を与えた南仏のマルパッセ・ダムの欠壊原因調査のため組織されたフランス政府の委員会の中間報告書で,13項目の問題点につき原因の解明をしている;図2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る