{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004513560535   整理番号:60A0137428

オランダにおける長尺レール

Lueckenloses Gleis in den Niederlenden.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 203-207  発行年: 1960年
JST資料番号: B0422A  ISSN: 0013-2810  CODEN: ESBGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
オランダ地方は平均海水面より低く上層はたい積層あるいは沼地よりなり地耐力がなく,この沖積層の上に大部分の鉄道が敷設されているので軌道の沈下を生じ,とくにこの地方は-30°より+55°まで温度変化があるため軌道の坐屈が問題になる,軌道の強さを増すため従来木まくら木をジグザグ状にしだものもあるが本文ではコンクリートプロッヤをパイプでジグザグ状に連結した軌道を実験実で実験してその強度を求めた,実験の結果このジグザグ状軌道は温度差大なるとこうに速度制限なしに敷設できることが分かり1959年8kmが敷設された;写9図1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る