{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602004540669476   整理番号:58A0056820

位相差で応動する電力用保護継電器

Phase-operated relay using transistors for power-supply protection.
著者 (1件):
資料名:
巻:号: 31  ページ: 7-13  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0132A  ISSN: 0027-3139  CODEN: MUTCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
送電線の故障時電圧と電流の位相差が大きくなると応動する保護回路の設計および動作について。電圧,電流入力をそれぞれ灰形して論理積分回路に入れゲート回路を開閉し継電器を駆動するもので全トランジスタ化されている。位相差の2.5度の確度で応答する。入力や供給電圧の振幅変化には感じない
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る