{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602004630030890   整理番号:58A0050186

ハイポクロライト漂白のメカニズム

Aspects of Hypochlorite Bleaching.
著者 (1件):
資料名:
巻: 41  号: 11  ページ: 655-657  発行年: 1958年 
JST資料番号: E0201A  ISSN: 0039-8241  CODEN: TAPPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
硫酸パルプがハイポクロライト漂白中にうける変化を,ハイポクロライトの消費量およびパルプの流動性により求めた。消費の早い初期の段階には主にリグニンを含む反応が起り,除々に消費される次の段階には主として炭水化物に対する反応が起る。これらの反応は温度に依存する
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る