{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004631963016   整理番号:62A0131683

発電機へのガス油の利用

Эксплуатация газомасляной системы генераторов.
著者 (2件):
資料名:
巻: 32  号: 12  ページ: 61-62  発行年: 1961年
JST資料番号: R0026A  ISSN: 0201-4564  CODEN: EKSTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
クラスノヤルスク発電所では,ataと2ataの圧力の水素冷却のTB-60-2とTB¢-100-2型の発電機を使用しているが,油圧開閉装置中で爆発の危険のある混合物が見られた.この油圧開閉装置中では4~5時間の作動で酸素の含有量が5~10%まで達し発電機本体の水素の純度は80~85%低下した.水素の冷却器ヘタービンの給油装置から油を供給した後発電機本体の水素の純度は96~97%まで上がり油圧開閉装置中の酸素の含有量は減じた.水素冷却の給油方式は油の注入器を取けて行なうのがよい.水素冷却における油と水素の圧力差を保つ調節器をもっと簡単な構造にすべきことを指摘した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る