{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004634937571   整理番号:60A0013900

155MeVにおける陽子-陽子散乱。30°と110°(c・m)の間の微分断面積

Diffusion protons-protons a 155 MeV. Section efficace differentielle entre 30° et 110° C. M.
著者 (2件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 314-317  発行年: 1960年
JST資料番号: C0336A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[三つの方法を用いた予備実験で測定した。CH2とCとの差を求める方法。散乱陽子と反跳陽子の両方を測定する方法。散乱粒子の波高分布を分析して求める方法。結果はHarwellおよびHarvardのグループの結果より約10%低かった;図3表2]フランス物理学会粒子物理部門の“低および中エネルギー原子核物理コロキウム”(グルノーブル,1960年2月29日~3月2日)に発表された報告
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る