{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004656316120   整理番号:60A0038948

力の伝わり方を考えた流体変速機の設計

Расчет гидромеханических передач методом силового потока.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 13-19  発行年: 1960年
JST資料番号: R0009A  ISSN: 0005-2337  CODEN: AVPRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最初に力の伝達を示す簡単な記号を約束し,これによって,たとえばFordmatc変変速機の各変速位置におけるカの伝わり方を明快に示し,またVoith-Dibabus式のハィドロメカニカル変速機なども系統的に考えて行くことができることを示している.とくに後者については,Voith-D.式とは逆に,トルコンポンプ軸と遊星歯車の太陽歯車を結び。タービン軸とリング歯車を結んだものについて詳細を論じ,またその試作機の構造,性能を示している;図12表2
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る