{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602004674979064   整理番号:60A0091617

漂白バルブの品質管理

Bleached pulp quality control results from two-year-old automatic calcium hypochlorite system at big crofton kraft mill of B.C.forest products ltd.
著者 (2件):
資料名:
巻: 34  号:ページ: 71-72  発行年: 1960年
JST資料番号: D0412A  ISSN: 0033-4081  CODEN: PUPAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
British Columbia Forest Products社のCrofton K P工場における自動制御次亜塩素酸カルシウム漂白液製造装置の2年間の経験.Hboker Chemical Corp.によって開発されたこの装置は,必要空間,資本,作業人員の点のみならず,一定濃度の漂白液が作られるので均質な漂白バルブができ,品質管理の面からも有利;写1図1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る