{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602004963113156   整理番号:58A0040234

ポリチウロニウム化合物

Polythiuroniumverbindungen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 30  号: 121  ページ: 501-512  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0337A  CODEN: JPSCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
チオ尿素あるいはN-メチルチオ尿素とクロルメチル化したポリスチレンあるいはクロルメチル化したスチレンージビニルベンゼン共重合体との反応で,イソチウロニウム基で塩素原子を置換したポリチウロニウム化合物はポリビニルアルコールとチオ尿素の反応でえられ,OH基の1/3まで置換できる。これは陰イオン交換剤として面白く,この観点より交さ結合生成反応につきいろいろ研究した

前のページに戻る