{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005015519958   整理番号:60A0045256

ヘリコプタの垂直上昇率の新しい計算法

Новый метод распета вертикальной скороподъемности вертолета.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1959  号:ページ: 64-69  発行年: 1959年
JST資料番号: R0142A  ISSN: 0579-2975  CODEN: IVUAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ヘリコプタの垂直飛行は理論的にも実験的にも十分詳細に研究されている.垂直上昇率について異なった著者によって提案された10以上の計算法がある.現在広く実用されている方法は,Л,C.Bилbдrpy6のもので,その計算式は簡単だが誘導速度の近似関数がその基礎なっているという欠陥がある.この論文ではこの欠点を除去するような新しい方法を提案している;図4表1参2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る