{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005047044439   整理番号:60A0116711

示着膨張測定による鋼の変態点決定法

La determination des points de transformation des aciers au moyen du dilatometre differentiel.
著者 (1件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 1819-1835  発行年: 1959年
JST資料番号: C0012A  CODEN: CDSCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高温の変態点測定値には不一致な点が多い.測定値のばらつきを調べるために1956年に測定法研究委員会で研究した.工業的に変態点に差があるのは測温の誤差による.試料の作製,測定,図の作製法などについて記述.試料の脱炭の影響;図7表5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る