{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602005059224440   整理番号:58A0053035

138kV用メタルクラッド離相母線および開閉機構

138-Kv Metal-Enclosed Isolated-Phase Bus and Switch-ing Structure.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 36  ページ: 353-357  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0340A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
二次選電電圧が高くなるにつれて配置の簡単,高い安全度などの理由で離相母線が用いられる傾向が強くなってきている。ここでは米国のConsoli-dated Edison社のEast River火力発電所用に設計されたものを紹介している。メタルクラッドは円筒形で,中心に導体をおき,がいしを放射状に配置して導体を支えている
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る