{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005059860983   整理番号:60A0042496

廻転振動を行なう試験台

Tables vibrantes angulaires.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1960  号: 77  ページ: 43-46  発行年: 1960年
JST資料番号: D0504A  CODEN: RERNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ジャイロ旋回計と角加速度計の動的特性を検定するためには,これらに正弦状の回転振動を与えて応答をしらべ各振動数に対し振幅の比と位相変化を出して伝達関数を求めるのがよい。本論文は可能な試験方法を概説してそれらを批判する。速度合成式加振台は一様な速度で回転させればよいが有害な速度成分の干渉を防ぐ必要があり実用的でない。カルダン接手を利用した機械的加振台はほとんど高次のハーモニックを生じないが振動数範囲に制限がある。力学的加振台と電磁的加振台は通常生じてくる振動数領域全般にわたり利用できる図4]

前のページに戻る