{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602005072621378   整理番号:58A0014366

トランジスタを用いた船舶安定装置

Telecommunications et haute frequence.
資料名:
巻: 49  号: 18  ページ: 863-864  発行年: 1958年
JST資料番号: B0123A  CODEN: BUSEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
航海中の船の動揺を防ぐために,船底にフロートを設け,船の動揺に応じて,フロートの角度を制御して動揺角を抑えることができる フロートの大きさは2・104t級の船で長さ4m,幅2mを吃水線下約6mに設け,これを約70tの力で駆動する この結果動揺角は±20°より±2°に減少する 使用するサーボ装置にトランジスタ磁気増幅器を使用している(Electrovics Vol30 No6より転載)
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る