{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602005162187782   整理番号:58A0053292

国内ならびに国外における架空線支持物の発達

Die Entwicklung der Tragwerke von Freileitungen im In- und Ausland.
著者 (1件):
資料名:
巻: 57  号: 23  ページ: 778-785  発行年: 1958年
JST資料番号: B0462A  ISSN: 1619-5795  CODEN: EKZWA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
架空線の形状は支持物により決まり,その支持物の形状によりその経済のみならず支持物の基礎も決まる。筆者はこの線絡の問題を論じ,支持物の支柱ならびに形状に対する各種の側面図と,ドイツにおける基礎コストに対する支持物の影響を述べた。最後に外国における架空線支持物の形状を調査し,その基礎の形状を調べだ。結論として線絡の張力と経間距離の決定に対する考え方を述べた
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る