{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602005172359271   整理番号:58A0052765

電力ケーブルの銅およびアルミニウムより線の強化の理論と実際

Теория и практика уплотнения медных и алюминиевых жил силовых кабелей.
著者 (2件):
資料名:
巻: 29  号: 11  ページ: 56-60  発行年: 1958年
JST資料番号: R0119A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
銅またはアルミニウムの円形素線をより合せて円形の導体を作る場合の素線数,直径などと締め枠の各部の寸法の関係を計算。適当な締め枠に掛けることにより。素線は強化され,強化しない場合に比べ絶縁物と外装材料が節約できると結論

前のページに戻る