{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005177663513   整理番号:60A0099878

圧延工場用直流電動機とロール駆動用直流電動機の発達

Die Weiterentwicklung der roehrengekurhlten Gleichstrom-Walzwerks-Hilfsantriebsmotoren und Gleichstrom-Einzelrollenantriebe.
著者 (1件):
資料名:
巻: 50  号: 10/11  ページ: 466-469  発行年: 1960年
JST資料番号: A0328A  ISSN: 0040-1447  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
圧延,ロール駆動用直流電動機で良好な整流特性,高温度において使用でき,しかも安全性の高いものをAEG社で開発した。GHFとGRF型電動機は軸方向の冷却管があり,これに他の三相電動機によってファンを回転し通風するようになっており,これにより400kW,600rpm,過負荷200%に耐えるものができた。またこのような方法によりロール駆動用電動機GKRg型(絶縁B級温度上昇80C)も非常に発達した,以上の直流電動機の使用例をあげて説明している
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る