{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005189385314   整理番号:60A0034421

円板研削の使い方

Should you use disc grinding JACOBS L E SHOEMAKER F
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 36-39  発行年: 1960年
JST資料番号: D0224A  CODEN: GRFIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[平行度の必要な二平面の加工,または平面度の必要な平面の加工を円板研削盤で行なうと非常に能率良く行なえる。Titan Abrasives会社で製作している横および縦て型の両頭円板研削盤の現在の姿になるまでの歴史,機械の形成,能力,加工できる材料,と石の種類と加工物の関係,加工品の精度加工例などについて述べている。これによるとピストンリングは,400個を1分間で加工し,軸受のレースを1時間に5000個を加工し高生産性がある。また平面研削と異なり磁力によるクランプ力などでの変形がないことも特徴としてる;写5]
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る