{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005204483778   整理番号:62A0035060

流体で充満した中空体の臨界回転速度についての実験的および理論的考察

Experimentelle und theoretische .Untersuchungen tiber die kritischen Drehzahlen flflssigkeitsgefullter Hohl-korper.
著者 (1件):
資料名:
巻: 28  号:ページ: 115-123  発行年: 1962年
JST資料番号: C0010A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ガスターピンの冷却に際して,中空軸に流体を通して翼車プレードを内側から冷却する場合,その冷却液は遠心力のために流体環とaなり,それが翼車の臨界速度および運転状態に如何なる影響を及ぼすかを考察した.円板摩擦と翼車内部における蒸気圧を考慮に入れて,流体で漕たされた回転環の臨界速度を力学的に振動方程式を導入して,それを解いて求めた.その理論結呆を内径500m,厚さ5mm1の中空環を作りoそれにいろいろの流体を入れた場合の臨界速度および振巾を測定して確かめている;写3図7

前のページに戻る