{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005208881301   整理番号:60A0008289

エクゾ電子問題への寄与

Beitrag zum Exoelektronenproblem.
著者 (1件):
資料名:
巻: 13  号: 2/3  ページ: 293-299  発行年: 1960年
JST資料番号: A0318A  ISSN: 0001-6713  CODEN: APASAP  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オーストリア (AUT) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
エクゾ電子のこれまでの研究結果によれば,少なくとも金属の場合には放出が表面層に基づくはずである。そこで試料中のどの程度の深さから放出が起こるかを調べる目的で研究を行なった。銅,純鉄,ニッケルの試料をX線照射して後,腐食剤および時間を変えてエッチし,そのエクゾ電子グロー曲線を記録した。多くは表面層を20μエッチして除くと電子放出が行なわれなくなった
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る