{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005209841265   整理番号:59A0096515

テレビジョン受像機の走査回路とその動作 III

Les Bases de Temps.
資料名:
巻: 1958  号: 11  ページ: 288-289,308  発行年: 1958年
JST資料番号: E0227A  ISSN: 0040-2761  CODEN: TLVNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
82,83号の続きで,前の記事に対する投書の解答と水平走査回路の説明と故障について述べた.ECL80の五極管部は54cm管を偏向できるが寿命は疑問,フランスではブーストから垂直間欠発振器,垂直終段への供給はさけている・水平は格子としやへい格子で変圧器にょり間欠発振させ陽極にのこぎり波を得る・走査線が出ぬときはダンバ管断が多いなど
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る