{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005213618066   整理番号:58A0067202

引働試験では材料の強度がわからない場合(試験片の標点間距離の大きさを変えると引張り強さが変化することなどから鋳鋼やアルミニウム合金鋳物の強さと耐久強さを知るために切欠きもろさを重要視すべきであるという提案)

The Case Against the Tension Test.
著者 (1件):
資料名:
巻: 86  号:ページ: 78-85  発行年: 1958年
JST資料番号: C0019A  ISSN: 0015-9034  CODEN: FOUNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 

前のページに戻る