{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602005289310320   整理番号:58A0003452

原子炉燃料の処理法自動化に向う

Reactor element processing goes automatic.
資料名:
巻: 103  号:ページ: 199-203  発行年: 1959年 
JST資料番号: D0066A  ISSN: 0026-1033  CODEN: MWPDA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
スプリングフィールドの原子か工場でウラニウム棒をマグネシウム合金の筒中に装てんした原子燃料材を大量生産するためおよびこの危険物の取扱いを最少にとどめるために自動化が進められウラニウム棒の鋳造から機械加工,金属筒への装てんに至るまでの生産を自動化の点より説明
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る