{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005316317994   整理番号:58A0058216

帰納的確率(理論的確率)の通信への応用[寄書]

Application of Inductive Probability to Communications.
著者 (1件):
資料名:
巻: 46  号: 12  ページ: 1966-1967  発行年: 1958年
JST資料番号: D0378A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Harris 等はしきいを適当に置くと通信の誤差をかなり滅少させうる両方向二重しきい通信方式を示したが,雑音電力が既知で未知振幅の信号が入る時には,しきいをどのように置くかがこの方法では定まらない.このしきいの決定に帰納薗確率の考え方を用い新しい方式を示した
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る