{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602005316430260   整理番号:60A0050742

バリウムの薄膜による一酸化炭棄のゲッタ作用

L’absorption de l’oxyde de carbons par les films de baryon.
著者 (2件):
資料名:
巻: 15  号: 85  ページ: 3-27  発行年: 1960年
JST資料番号: E0358A  ISSN: 0223-4335  CODEN: VCMIDS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
真空管の中や,真空装置の中の残留気体で特に一酸化炭素だけた着目し,バリウムによる一酸化炭紫のゲッタ作用について論ずる。この過程を二つに分け,一つは,バリウムの表面に吸着される過程,もう一つは,バリウムの内部までに拡散してゆく過程とに分けて考える。このような過程を,a)初期の吸着速度,b)初期の吸着速度が一定の範囲で吸着されたガスの量,c)全吸着量などを測定して,理論的に扱っている
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る